借入のおすすめはスマホで消費者金融!

スマホを持っているお母さんが増えたなぁ。 幼稚園の帰り道。みんなでアドレスを交換していると わたし以外はみんなスマホ。いいなぁ。わたしも欲しいなぁ。 スマホではいろんなことができるんだよね。 ネットにつなげるから、検索サイトも使えるし 地図もすぐ見られる。 お店の情報のサイトを開いて、そのままアクセスを確認できたり。 持っていたらきっと本当に便利。

主人の職場の人は、スマホを使って消費者金融でお金を借りたりもしてるっておすすめされたらしい。 ウソみたい。 ネットバンキング、って銀行でもすぐに入金や送金ができる時代だもの。 キャッシングだってそりゃできるだろうけれど、 それを実際に利用してる人がいるってやっぱりびっくり。職場の人は消費者金融で借入してるんだって。 スマホから借り入れを申し込みして、楽天銀行の口座があれば すぐに振り込みしてくれるそうで。 手数料も無料なんだって。 それはおすすめですよね~

スマホから借入するときは、 消費者金融ではそれぞれのナビで、ちゃんと消費者金融専用のアプリがあって すごくわかりやすいそう。 夫も職場で見せてもらったそうだけど 必要なときに、時間や場所や場合を気にせずに すぐに借入を申し込みできるのが、ほんとに便利そうだって言っていた。借入できるか、融資を受けられるか、最初に審査があるそうで 事前に口座登録の手続きがいるそうだけど、 この審査もスマホでできるとか。 店舗に出向いたりしなくても、ちゃんと手続きできるのだから まずは審査から、でも気軽にできるよね。夫はキャッシングなんて自分には遠い世界だ、と言っていたけれど 結構クリアで、明るい世界なんだなーなんて話してた。

消費者金融のCMがテレビから流れてくると、わたしもちょっと気になったりしてる。 これだけスムーズに利用できるのだから、利用してる人も多いだろうな。友人が消費者金融をおすすめする理由がわかったわ。

 


カードローンについての興味が湧いたので、カードローンの審査について真面目に調べてまとめてみました。

カードローンを利用する際に誰もが気になるのがカードローンを通過しやすい人、通過し難い人の線引きと言う問題でしょう。基本的に金融会社からは誰が通過しやすくて誰が通過し難いと言った情報は一切口外されていませんから、自分が実際にカードローンに申し込んでみて審査を受けるまで、審査が通過できるかどうかが分からないと考えた方が良いと言えます。

これは個人情報にも関わることですので、どのような場合が審査がNGになるかと言ったことは金融会社のHPなどにも記載はされておらず、唯一記載されているのが○歳~○歳までの人で、安定した収入と返済能力がある人、そして当社基準を満たす人といった条件のみが記載されており、通過しやすいか否かは当社基準といったその金融会社が定めた基準によって決定されることになるわけです。そのため金融会社ごとに当社基準という独自の基準が異なるため、○社ではOKだったけど△社では審査NGと言うことも考えられます。

ただ、基本となる最低限の基準と言うものはほぼ同等なものが採用されており、それを満たせない場合にはカードローンの利用はできないことになります。

カードローンの審査を通過しやすい人と通過し難い人の基準

カードローンの審査を通過しやすい人と言うのはどのような金融業者の場合でもほぼ同じだと言え、最低限金融業者が定めている基準を満たしておく必要があります。どの金融業者にもある基準としては安定した収入と返済能力がある人と言うものが基準となります。

この安定した収入と返済能力と言うのは非常に曖昧な表現のため、どのような形ででも収入があり、返済能力さえあればいいのかと思う人も多いと言えますが、実際にはそのようなことはなく、収入があって返済能力があった場合でも審査を通過できないと言うケースが多々あります。しかし基準をきちんと理解して満たしていれば、それは限りなく審査を通過しやすいと言う事にもなります。

安定した収入の規定とは何か?

では安定した収入と言う規定とは何かと言うことになりますが、これはきちんと企業に属してそこから収入を得ている人というのが基準となっています。これは審査の段階で行う在籍確認にも繋がる話ですので、働いていること自体が安定した収入に結び付くと金融業者側は判断していると言えます。そのため無職だけど何らかの収入が毎月あると言った人や、年金の収入があるから返済には問題ないと言う人の場合、それは安定した収入には結びつかない可能性が極めて高くなります。

それ以前に、特に消費者金融のカードローンの場合は総量規制と呼ばれる規制が存在しているため、その規制により金融会社が貸し出しできる金額自体が制限されてしまいますし、この総量規制は年収の三分の一という厳しい規制のため、きちんと企業から給与を貰っていない場合の収入ではこの総量規制をクリアすることすらできないと言えます。簡単に言えば「働かざる者食うべからず」ならぬ「働かざる者お金を借りるべからず」といった感じだといえるでしょう。

安定という曖昧な基準を理解しよう

安定した収入の確保と言うのはよく考えると非常に曖昧で、どのくらいの収入がありどれくらいの期間企業に勤務していれば確実に審査を通過できるのかは正直分からないと言えます。しかしこの曖昧な基準を理解しておかないとカードローンの審査はまず通過できませんし、仮に審査を通過できなかった場合その情報は信用情報機関記録されて残ることになるので、後々のカード申し込みに影響が出ると言う問題も出てきます。

基本的に非常に曖昧な安定と言う基準ですが、一般的に考えた場合にはある程度の法則と言うものが見えてきます。まず安定した収入の金額に関しては、総量規制があるため借入金額が年収の三分の一を超えなければ、少ない年収であっても特に問題ないと言うことになります。そのため近年ではアルバイトやパートと言った人でも毎月3万円でも5万円でも決まった額の収入があり勤続年数が長ければ、それを基準にした審査を行うため審査を通過できる可能性が高いと言えます。

逆に月収が40万円という高給取りであっても、勤続年数が数か月の場合には果たしてその月収がいつまで続くのかが判別できないため、安定した収入とは言えないことにもなります。そのため職を転々としている人の場合には、いくら今の収入が多くても審査基準を満たせない可能性が出てくるわけです。

そう考えた場合、安定した収入というものは金額よりも勤続年数のほうが重要となり、一つの企業で長期間継続して勤務している人の方が、月収は多くても数か月しか勤務していない人よりも社会的信用が高く、金融業者の決める当社基準を満たしやすいと考えた方が良いと言えます。基本的に言われているのが最低半年~1年の勤続年数があり、その間一定の収入を確保し続けていれば審査で落とされることはないと言われています。逆にそれに満たない場合は審査を通過し辛いと言われていますので、カードローンを申し込む場合には収入と共に勤続年数にも注意をしましょう。

借り入れがあるか無いかで審査の通過度合いが異なる場合も

カードローンの審査には現在他社での借り入れがあるか無いかが非常に大きく関わってきます。これは消費者金融の場合でも銀行のカードローンの場合でも等しく関係する事例だと言え、基本的には借り入れが一切ない人の方が借り入れがある人よりも審査を通過しやすいと言えます。何故借り入れがあるか無いかが審査の通過に影響するのかと言えば、借り入れがある人の場合、すでに他社への返済と言う義務を背負っている状態でカードローンの審査を受けることになりますから、仮に安定した収入があったとしてもそこから借り入れ額に対する毎月の返済額があるということを加味して審査を行う必要が出てきます。

もし借り入れが一切ない場合、審査の段階で収入に対して借り入れの返済額を加味する必要が無いため、真っ白な状態から審査を行う事が可能になるため審査が通過しやすいことになります。それと消費者金融の場合は総量規制の影響も出てくるため、借り入れがある場合と無い場合では基本的な申し込み時の状況が異なることになります。
消費者金融の場合は今回申し込んだ金額と、現在借り入れがある金額の合計が100万円を超えてしまうと収入証明書の提出が必須となりますし、そうなるとさらに厳しい審査を受ける必要が出てきます。

仮に借り入れ額と申し込んだ金額の合計が年収の三分の一を超えてしまった場合には、その時点で総量規制の対象となってしまい安定した収入があったとしても審査を通過出来ずカードローンは利用できないということになります。しかもこの場合でも審査を落ちたと見なされてしまうため、その情報は信用情報機関に記録され、次の申し込み時のマイナスとなる可能性もあります。

カードを連続、または一度に申し込む人は審査を通過し難い

カードローンの申し込みは基本的に1社に対して1回と言うのが基本とされており、申し込んで審査を通過できない場合、再度同じ金融業者に申し込んでも結果はすぐには好転しないといわれています。

審査を通過出来ずに落ちたと言う記録は、必ず信用情報機関へ記録されることになりますし、その記録は全ての貸金業者が見ることが出来る仕組みとなっています。これは申し込んできた人が過去にカードローンの利用があったのか、利用や返済はどのような状況だったのかなどを審査の段階で知る必要があるためで、他社で審査を落ちたと言う記録も重要な審査の情報として取り扱われるわけです。

しかしそれを知らない人は場所を変えて何度も繰り返し同じ金融業者へ申し込みを行う場合があり、その都度信用情報機関の情報を確認されて審査を落とされると言う事態に陥ります。基本的に一度落とされた業者は最低3ヶ月以上の期間を開けて申し込みをしないといけないと言われているため、短期間での繰り返しの申し込みはマイナス評価を増やすだけの行為となってしまうわけです。

もし仮に、1社落ちたから次はこの業者、それもダメなら次の業者と言うように、他の金融業者に連続して申し込みを行う事も、同じ業者に繰り返し申し込むのと同じことだとえますし、審査落ちした情報が増えれば増えるほど、さらに審査を通過できないと言う悪循環に繋がるため、決して行ってはいけない行為だと言えます。

一度に複数のカードローンに申し込むのは?

では連続ではなく一度に複数の業者に一斉に申し込みを行う事はどうなのでしょうか。これはインターネットでの申し込みを利用すれば簡単に出来る方法だと言えますが、実は一度に複数の金融業者へ申し込みを行う事もカードローン申し込みのタブーとされています。

何故なら、一度に複数の申し込みを行ったと言う情報も信用情報機関に記載されるため、各金融業者が今複数の業者に申し込みを行っていることを知ることになります。そうすると何故この人はこんなに一度に申し込みを行っているのか、何故お金がこんなに必要なのかと疑念を持たれることになり、特に収入などに問題が無い場合でも複数の業者に一度に申し込んだという事実が問題となり、全ての業者で審査を通過できないと言う事態になる場合もあります。

仮に4社申し込んで4社審査落ちした場合、一気に4つものマイナス評価がつくことになるわけですから、他のカードローンの申し込みやクレジットカードなどの申し込みにも影響が出てきてしまうことになります。最近ではドコモやauなどでのスマホ購入の際に分割を選択した場合、この信用情報機関での情報が問題で分割が出来ないということも増えてきていますので、無理なカードローンの申し込みは出来るだけ避ける必要があるでしょう。

過去の金融問題が審査に大きな影響を及ぼす

カードローンの申し込みで審査を通過できない場合、それは過去の金融問題が影響している場合も少なくありません。過去の金融問題と言うのは過去にカードローンやクレジットカードの利用で問題を起こしたことがある場合や、それによる債務整理を一度でも行ったことがある場合などで、このようなことが過去に合った場合には、審査を通過できないとう可能性が高くなります。

金融事故という最悪の問題

過去の金融問題とは、簡単に言えば金融事故と呼ばれるもので、借りたお金を返済しないまま延滞をし続けた場合、返済の意思はあるが遅延を毎回のように続けた場合などに金融事故と呼ばれる最悪の状態になります。もちろんこの延滞や遅延の情報も信用情報機関に記載されて残ることになりますので、過去に一度でも問題を起こしたことがある人は審査を通過できないと言うことになります。

このような状態を一般的に「ぶらっクリスト」と呼び、一度ブラックリストに指定されてしまうと最低5年間はカードローンなどのローン全般が一切使用できなくなります。延滞を続けている場合には5年経ってもブラックリストから除外されることはありませんから、延滞をしていたお金を返済し終えて5年と考える必要があります。その間はすでに借金が完済していたとしても、信用情報機関の情報に事故情報として記載され続けてしまいますから、5年を経過した後の申し込みが必要となります。

債務整理も大きな障害となります

債務整理と呼ばれる借金の整理に関しても、延滞や遅延と同じく金融事故としてその情報は取り扱われることになります。債務整理には種類が複数ありますが、一番軽い任意整理の場合でも、最も重い自己破産の場合でも同等に事故情報として信用情報機関に記録されてしまいます。任意整理や自己再生の場合は5年、自己破産の場合は最長10年ローンの利用が出来なくなります。

債務整理の場合借金が返済できずに行う整理方法ですから、そのような方法で借金を返済したことは金融業者にとってもやはり良い印象とはなりませんし、仮に借金を債務整理で処理された業者に関しては、債務整理後5年を経過していたとしても社内基準に照らし合わせた結果利用不可といった返答をされて審査すら受けられない場合もあるようです。

そのため債務整理を行った場合にはまず審査は通過できないと考えた方が良いでしょう。このように審査を通過しやすい人は安定した収入があり勤続年数が長く、他社への借り入れが無い、過去に金融問題を起こしていないことが条件として挙げられると言えます。

主婦向けクレジットカードを検索♪

昨日の夜は、エアコンつけずに寝ました。この熱帯夜にがんばってしまった!! なぜなら頑張ってほしいものがあるんです~ もうすぐ同窓会!40代では久々の集いにわくわくだったり、あなた誰?言われるのをビビりながらの 「出席します!」はがき投函! 付き合いのある友人は、結構いいところの家に嫁いだから日ごろからいい服着てエステも行ってるんです。 だから綺麗に決まってるんです!きれいになるタイムリミットはあと3か月です。エステも行きたいし、 ちょっとしたブランドもさりげなく持ちたいじゃないですか。

でも先月子供のピアノ発表会で私の口座から 引き落としされて貯金は0に近いワケです。主人には言えないし…どうしようと思ったら友人が持ってるクレジットカードを思いだしました。 主婦でも作れたって喜んでたっけ。ネットで主婦向けクレジットカードで検索してみると、沢山いいことが書いてある!お友達紹介で謝礼がもらえるとか。 すごい世界だなあ(^_^;)一応馴染みのある消費者金融でクレジットカードを作ることにしました。6か月ぐらいで返せそうだし、ビックリするような金利でもなく CMでやってるように計画的に!申込みしました。

審査もOKですぐにクレジットカードを手に入れて、早くエステ代とコーチのバッグ代GETしなきゃ! この夏バーゲンでコーチのさりげないバッグを購入する予定、ちょっとしたものでも4万だから10万しちゃうかな。3か月後には、ちょっと品のいい奥さん風になってることを夢見て10回コースのエステも申込みしちゃった。

ごめんねダーリン。 ちゃんとパートして自分で返済するからね。

グルコサミン効果と美容

グルコサミンはもともと体内にある成分で、関節などの動きを滑らかにする事で知られている。よってその効果は膝などの関節痛に限られていると思われてしまう。

もちろん関節痛に効果がある、リウマチの予防や改善に効果があるのだ。購入のきっかけの大半は関節痛に悩んでいる方だと思う。

しかし美容にも効果があるとすればどう思うだろうか?私ならラッキーと思うに違いない。
皮膚や爪にあるグルコサミンには体内で合成されることによってヒアルロン酸の原料となるのだ。

グルコサミンを摂取することでヒアルロン酸の生成に繋がるのだ。ヒアルロン酸が不足すると皺やたるみの原因となる。毎日グルコサミンを摂取している人にはこの皺やたるみが改善されていくことが期待できる。

グルコサミンの製品は関節痛の緩和のため開発されているため、ヒアルロン酸生成の効果を体感するのには時間がかかるかもしれないが、成分として体内に入るので的外れではないのだ。
年を取ることによって健康への意識は高まる。大病などすればなおさらだ。女性の場合25歳からお肌は下り坂だと言われる。過度なダイエット、不規則な生活、過労、妊娠、出産などで適切な栄養を取れていない事が多い。

1つのサプリメントから他の悩みもカバーできれば手っ取り早い。予防も含め、骨に関わる成分は押さえておきたい。若いうちには気がつかないことだが、健康は一日一日の積み重ねだ。その隙間にサプリメントを取り込めば良いだけのことだ。私も今後取り入れていこうかと思う。

フリーエンジニアとして案件獲得のための方法

まず、フリーエンジニアを考える前にエンジニアとは何かを考えます。エンジニアとは、英単語の意味でいうところの「拓く者・人」などです。何かを切り拓くことができればエンジニアと呼べると思います。切り拓くためには困難な状況・問題に対して何とか解決していく必要があります。ただ、基本的にはエンジニアというのは、専門的な分野でのエンジニアという人が多いです。それぞれの専門分野において共通する考え方などはありますが、当然すべてが通用するわけではありません。そこで専門分野を持たず、どんなことにでも切り拓く人をフリーエンジニアと言います。

しかし、「どんなことにでも…」ということはどんな案件にも対応できる知識と技術が必要となります。また、そういった技術だけではなく案件を獲得するための人間的な力が必要です。

現在、フリーエンジニアとして活動・仕事をできるということはさまざまな分野においての視点を持たなければならないと思います。これは絶対こうだなどといった固定概念は良くないでしょう。絶対こうだと思えるのは、何か明確な根拠や証拠があってこそ成り立ちます。エンジニアとして、としても不可欠なものであると思います。

専門分野は非常に多岐に渡っているため、専門的なエンジニアにフリーエンジニアとして打ち勝ち、案件を獲得するためには人間力というところでも勝負することが必要であると思います。しかし、人間の数だけの接し方があるため明確にこれが人間力だとは言えませんが、ひとつひとつの人間としてのコミュニケーションを大事にすることで、大事にしていた顧客から別の案件をいただくことにつながっていくのではないかと考えます。